スーパーマン リターンズ

昨日、奥さんと映画、「スーパーマン リターンズ」をみてきました。
開始いきなり、ボーイング777とスペースシャトルの事故をスーパーマンが救うというシーンは圧巻でした。
機内の様子は実際のセットですが、機外のはすべてCGのようです。
全体としては、海とクリスタルのCGが大変うまくできていて、ビジュアル的にはよかったです。
スーパーマンの恋人とそのフィアンセ、そしてその子供などの人間関係が描かれていましたが、
実はスーパーマンの子供であったという、ちょっと俗的な感じもしました。
しかしCG的には、十数の会社が分担して仕上げたというもので、主役のブランドン ルースのCG版を特殊な技術で作成したりしたようです。
スーパーマンの父親役のマーロンブランドはもう亡くなっているので、全てCGによるポリゴン、テクスチャ、モーフィングでした。
使われたソフトは主に HoudiniMaya、 テクスチャはPhotoshopRendermanを使い、コンポジットは Shakeだそうです。
結構楽しめました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中