C4D R10.5 アニメーション チュートリアルDVD

C4D R10.5と一緒に届いたキャラクターアニメーションのチュートリアルDVDを一応見てみました。
(しかしMAXONさん、どうして2枚入りのケースひと箱にしなかったのでしょう)
 
このチュートリアルはWiPixというフランスのアニメーション会社が作ったももので、
Kitemanの名でフォーラムなどでよく知られた人です。
内容はかなり高度で初心者にはちょっとわかりにくいかもしれないと思いました。
一応”Advanced Rigging Tutorial"といっているように、ビギナー用でないことは確かです。
(章が変わるとセッティングや名前が少し変わってしまっているのはちょっとこまりましたが)
 
それにしても耳のリギングだけで44分もあるとはすごいですね。
そもそもウサギのアニメーションなど作ったことないし、作ったとしても耳のリギングなどはソフトIKぐらいで済ましてしまおうとしか思わないものですから、
さすがにプロのリギングはすごいなあという印象をもちました。
でもベンディなジョイントとか、ホンと自分の知らないいろんなことを教えてもらいました。

ビデオチュートリアル #30 R10.5 XRef 機能

今度のR10.5のアップグレードのひとつである「XRef」 の機能ですが、やはりあると大変便利です。
アニメプロダクションなんかで多くの人と大きなプロジェクトで働いている人なら、なんで今までなかったのだろうと思うような機能です。
趣味でやっている私のような素人でも、あると大変重宝です。
 
今回のビデオチュートリアルは、その使い方の基本についてですので、初心者の方は参考にしてください。
 
 
 

R10.5 Jiggle 機能

Cinema 4D R10.5 のデモ版でJiggle機能を使ってプヨプヨ感をつくってみました。
 
 
デモ版なのでレンダリングでなくスクリーンキャプチャです。
Vertexマップをもう少し工夫すれば感じとしてはできそうです。
もう少し対象物が大きいと迫力が出せたかも。

C4D R10.5デモ版

2日ほどデモ版いじってみて感じたこと:
 
Body PaintではLSCM以外にABFが追加されてUV展開がよりやりやすくなっている。
こんな機能がいままでなかったのが不思議、と思われるのはコマンドの履歴表示とライトツール。
デフォーマーはますます充実して squash & stretch jiggleが付加され、特にjiggleが面白そう。
XRefは、私自身CADも知らないし、それほど大きなプロジェクトをやるわけではないですが、そうでなくても重宝になるはず。
Mographは持っていないのだが、10.5になってかなり改善あり、やっぱり購入したい。
 
それと、ヘルプ機能はインストールするとエラーメッセージが出たので壊れていると思ったのですが、実際にはちゃんとヘルプシステムは動いていました。
とまあ今のところそんなところです。
もう少しいじってみます。

Cinema 4D 10.5

Cinema 4D 10.5 にアップグレードされるようです。
デモ版をダウンロードして早速ためしていますが、ヘルプシステムが機能していないようです。
色々改善されてよさそうですが、これから実感するでしょうか。
特にMOCCAに期待していますが…
それに5時間に及ぶDVDチュートリアルも一緒についてくるようです(英語と仏語ですが)
値段とか、いつ販売されるかとか知りたいです。