BVHファイルとC4D

Cinema 4DにBVHファイルをインポートしてアニメーションを作るとき、困るのはBVHファイルの多くが最初にTポーズになっていないことです。
しかしこれは”bvhacker”というフリーソフトで、BVHファイルを開いてから”Tset”で作ることができます(たまにうまくいかないときもある)。
もうひとつはC4DのオブジェクトメッシュとBVHのボーンサイズが異なることです。しかしこれについてはC4D側でジョイントに変換し、それぞれにコンストレインタグを付けてボーンと対応させ、PSRの回転にチェックを入れることでサイズを変形できます。時々メッシュの一部が正しい格好をしないときがありますが、これはオフセットでかなり修正できます。
以下のムービーはBVHモーションファイルをC4Dのオブジェクトに組み入れ、上述のように修正して作ったアニメーションです。

“BVHファイルとC4D” への1件の返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中