T-2 アニメーション WIP #2 T1000の変身

T-1000が液状金属から人間の体に変化するアニメーションのテスト。
T-1000のオブジェクトにマテリアルシェーダーを使って、メタルの体から人間の体に変わるように設定するよりも、T-1000と同一のコピーを使い、別々のマテリアルを当ててアニメーションする方法のほうがわかりやすい。
ちょっとHDRIが強すぎたみたい。もう少しゆっくり変化するほうがよさそう。
 

 

次のアニメーション作成予定 T-2 WIP #1

またアニメーションを作ろうと思っていますが、去年作ったターミネーター2の続きでT-1000がT-2(T-800)とジョンを、トラックで追いかけるシーンに挑戦することにしました。
一応、キャラクターと他のモデル、シーンの準備が出来上がったところです。
キャラクターのリギングは作り直しました。
というのも前回までは足のコントローラーを水平に回転させたとき、足が変形してしまいました。
これはCinema4D-10のアップグレードのときに付いていたMOCCAのビデオチュートリアルDVDでも、Flabioの足が同じように変形する現象がおきていました。
そこでv.10.5に付いていたWIPIXのビデオチュートリアルにあるリギングの方法にしたところ、ちゃんと足を変形させずに回転できたのでその方法でやりました。
今度は前のよりもう少し上手に作ろうと思っています。
 

ホームページ模様替え

 
Cinema 4Dビデオチュートリアルのサイトはノートパソコンによる自宅サーバーでやっていました。
が、最近そのノート(Fujitsu Pen4)がカタカタといういやな音を出し始めたので、やばいと思い中古パソコンを早速購入してパソコンをすり変えることにしました。
自宅サーバーはWinXP-Proでしたので手ごろなデスクトップ(hp PenD 3.4GHz 160G)を3万8000円で購入しましたが、最近はWinXPもだんだん少なくなっているようです。
今までのトップページもなんとなくダサい感じなので、慣れていないけどFlashで新たに作り直し。と言ってもそんなに立派なものではないけど。
BBSもレンタルサーバーに移しました。
 
 

Blenderで作る初めてのアニメーション

以前Blenderをダウンロードしてあまり使ったことなかったのですが、今回新しいバージョンになっていたので初めてのアニメーションに挑戦しました。
モデルはC4Dで作ったものをobjファイルで送り、Blenderでリギングとテクスチャリングをしました。
わかりにくいインターフェイスがどうにか少しずつわかる程度になったばかりなので、特にテクスチャはいいかげんです。
リギングはMOCCAに比べればかなり単純ですが、簡単な歩行ぐらいは腰、上腕のFKと下肢のIKだけで済ましてあります。
パーティクルをつかってヘアも作ってみました。
それにしても無料ソフトでありながら十万円以上もする3Dソフトに遜色ないというのはおどろきです。