ビデオチュートリアル #33 サウンドとアニメーション

今回のビデオチュートリアルは、サウンドを録音したアニメーションの作り方です。
Cinema 4Dでサウンド作成する意義は、シーンの中でステレオやマルチチャンネルサラウンドをマイクで録音して、それをアニメーションにすることでダイナミックな音響効果を作ることです。
サウンドのレンダリングに関してはV.10よりむしろV.9のほうが扱いやすかったという感じがします。
チュートリアルではアニメーションにレンダリングしたサウンドをQuicktime Proを使って合成するやり方を示してみましたので参考にしてください。
 
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中