MDの終焉 ご苦労さん

MD_01

「MD(ミニディスク)対応機器の生産を3月までに終了する。そしてすでに携帯音楽プレーヤーの「MDウォークマン」の生産を2011年9月に終了していたが、システムステレオの出荷も停止する。」

ソニーは1月末に上記のような発表をした。MD世代(本当はカセットテープ世代)の私としてはなんとも残念で寂しいことである。が、しかし来たるべき時が来たという他はない。もちろん現在の音楽ファイルのウォークマンの良さを否定するわけでは全くない。ただテープからMDに変わったときのインパクトはすごかった。それまで出来なかった楽曲の並べ替え、消去、分離やラベル付けなどの不可能だった操作が、簡単に出来るようになったからだ。中でもソニーのMDはMDエディターなるソフトを使うことで、パソコンとMDをつなげて楽曲の名前を簡単に記録することが出来た(写真B)。MDはCDと比べて音質のレベルは低いが、より小型で録音も可能なため人気を集めた(ただ不思議なことに外国ではほとんど流行しなかった)。しかしそのうちhiMDなるものが現れて、CD並みのハイレゾ音楽がMDでも聴けるようになった。しかし、本格的なホームオーディオのプレーヤーとまではなり得なく、またポータブルとしても中途半端であった。そして時代はファイル音楽になっていった。

カセットテープはもはや持っていないが、自分で録音したMDはCDと同じぐらい数はある。ポータブルMDとしてシャープの製品(写真A)を最近まで使用していたが、かなり痛んだ状態になってしまっている。しかしまだ現役でちゃんと聴くことが出来る。こうしてせっかく集めた楽曲であるから、それらをMP3などのオーディオファイルに変換して、携帯やパソコンでも聴けるようにしたい。やり方としてはMDから音楽をパソコンの音楽ソフトで録音し、それをファイル化することができるが、時間がかかる面倒なことである。そこで極めて優れたやり方がある。それはMD機器とパソコンをつなぎ、MDの音楽ファイル(ATRC)をXアプリなどのソフトでパソコンに移し、それをWAVファイルなどを介してMP3などのウォークマン用の圧縮ファイルに変換する。ただ、それが出来る機器はソニーのhiMDポータブルのMZ-RH1のみである(写真C)。

2,3年前にMZ-RH1と、デッキ型のオンキューhiMDであるMD133を購入してあったが(写真D)、MD133はファイル変換の機能はない。壊れたときのためと思って、これらの機器についてオークションやアマゾンで調べてみたら、購入したときは各々3万円程度だったが、何とプレミアがついてしまっていた。MZ-RH1は10万円ぐらい、そしてMD133に至っては20万円近くになってしまっている。MDの最後の抵抗か。今もっているものを大事に使用するしかない。

XPERIA Z, NEXUS 7,そして iPad

とうとうスマートフォンを使うことにした。しかしどうにも、スマホのかたちで電話はしにくいと考え、旧型の携帯とは別に新規で発売されたばかりの「Xperia ZS-02E」にした。確かにこれは携帯電話ではなく、携帯パソコンと言えるくらいの代物だ。

以前からiPadは主に仕事で使っていたが、もっと持ち運びに便利なものということで、実はNEXSUS 7を少し前に手に入れたばかりだったので、ためらったが時代に乗り遅れるような気がして、ついにスマホもということになった。

XPERIA Zはスマホとして初めてなので、他の機種と比べてどうかは分からないが、画像も音楽の音もそこそだと思う。その点Kindleなどの読みものについてはNEXSUS 7かiPadのほうが良い。携帯性を考えるとiPadは歩きながら使うには大きすぎる。なのでNEXSUS 7は色んな点でちょうど良いと考える。しかしスマホと違ってWiFi以外はテザリングが必要なのでちょっとマイナス点か。

今日はバレンタインデーなので職場で頂いたギリチョコを撮ってみたが、NEXSUS 7だけはカメラが正面だけにしかなく、さらにアプリも付いていないのでカメラ機能としては不十分だ。ま、それぞれ一長一短だが、いつの日か3DCGもこれらの携帯機器でも出来るようになったら面白そうだ。
2013021409550001.jpg

2012 謹賀新年

2012年、おめでとうございます。

ということで、今年の干支の竜をZBrushとC4Dで作ってみた。

2011年の夏の電気料金は、節電の努力が実って我が家では前の年の半分ぐらいに減っていた。そこでこの冬も節電ということで究極のエコ暖房器具、火鉢を使うことになった。

実家の蔵に残っていた木製の四角形の火鉢を取り出してみたが、少し痛んでいたので修復しニスも塗ったりして復元した。

私が物心ついた頃には暖房器具も火鉢から石油ストーブやガスストーブに変わっていた。今では火鉢など使っている家庭などほとんどないだろう。しかし正月に火鉢でお餅を焼いて食べた記憶もあり、大変懐かしい。それに鉄瓶でお湯を沸かしてお茶を飲めば鉄分の補給にもなる。また、オーディオで音楽を聴く場合も、この炭火鉢は静かだし理想的ではないか。

ネットワークオーディオ

ネットワークオーディオの便利さは、音楽をファイルとして保存しておきプレーヤーで聴く、これらに必要な操作がiPadなどでコントロールできるため、たとえばCDをプレーヤーに入れるとかという操作が不要となる点である。したがって椅子に座ったままiPadで好きな曲を選びゆっくり聴くことができる。しかしそのためにはネットワークを構築する必要がある。

 必要なものは音楽ファイルのプレーヤーたとえばLinnのDS(digital streaming)など、ファイルを保存しておくNAS(ハードディスク)、そしてiPadやiPhoneなどのコントローラー、これらをルーターで無線あるいはケーブルで図に示すように構築する。

 NASは音楽サイトなどからダウンロードしたファイル(wavやflacなどの可逆圧縮ソフトで高音質のものが良い)やCDをリッピングしたファイルなどを保存しておくもので、ルーターとは有線で繋ぎ、なるべく音が静かなものが良い。ネットワークオーディオのさきがけとして開発してきたイギリスのLinnはQNAPを推奨しているが、うちでは2TBの QNAP TurboNAS TS-119P+を使用している。

 コントローラーとしてパソコンを使用しても勿論良いわけだが、手軽さなどの点からiPadが理想である。ソフトもいろいろあるが、つい先日iPad用のKinskyという無料ソフトがダウンロードできるようになったため早速使ってみた。

 24ビット192kHzの音はさすがにすばらしいが、16ビット44.1kHzのCDリッピングしたものでもDSで聴くと音が良くなるから不思議である。しかしアナログレコードをLinnLP12で聴くのが最高だと思っている私としては、DSが良いといってもそれはアナログの音にますます近づいているに過ぎないのだと考えている。

 写真はうちのシステムであるが、DSはLinn Akurate DS(旧タイプ)、プレアンプはマッキントッシュ(近々LinnのAkurate Kontrol /Kが届く予定)、パワーアンプはここではマッキンではなくHalcro(4オーム400ワット)を使い、コンデンサスピーカーであるQUAD ESL2805 を鳴らしてみた。このHALCRO MC20は日本ではあまり知られていないが、D級アンプでありながら低音の伸びはよく消費電力も少ないそうだ。そしてQUADのスピーカーと合っているという情報をネットで知ったので、中古展示品を安価で購入したものである。

 LPレコードをジャケットからおもむろに取り出し、ブラシで掃いてターンテーブルに静かに載せ、パチパチ音をむしろ快感と感じながら聴くアナログの世界は至福の時であるが、なにせ年を取るとあまり体を動かさずにできるネットワークオーディオも、実にありがたいもので手放せなくなってしまう。

今年の節電対策

東日本大震災の影響で中部電力も浜岡原発を停止したため、名古屋に住む私も節電対策を講じなければならない。とりあえずパソコンを24時間ONとしている自宅サーバー、そしてもうひとつはオーディオについての対策が必要だ。
 自宅サーバーについては100GBのストーレージのレンタルサーバーを借りることにして少しずつ移動しており(http://3dcgfunplaza.com/)、6月いっぱいで自宅サーバーを終了するか、夜間停止をするかと考えている。
 オーディオについてはそう簡単ではない。音楽を聴く前に最低1時間はアンプの電源をONにしなければ良い音が出ないこと、そして問題なのはスピーカーだ。今使っているメインのスピーカーはコンデンサー型であるため(クォード ESL2805)、これは湿気に弱いという欠点があるので、オーディオ店長のすすめで24時間通電している。そうしなければもし湿気でやられたら修理代が馬鹿にならない。乾燥機を使うにしても常時ONにしないといけないし、結局スピーカーの通電は仕方ないので続けることにしている。。
 外で飲んで遊んだりするよりは健康的な趣味だよ、ということでCGとオーディオには奥さんにも大目に見てもらっていたが、趣味に関してだけに出来るだけ誠意を示さなければならないようだ。

アンプ一台、6090万円也??

今月のオーディオ雑誌「Stereo」3月号に、「話題の新製品の試聴ーコントロールアンプ部門」の記事があり、そこで紹介してあったのはゴールドムンド社の製品の下位器で「MIMESIS27.5」であった。しかしその上位器である「MIMESIS24ME」の値段は何と、6090万円!!
いくら何でもあまりの法外な価格に仰天した。
 
 
さっそくネットで調べてみたら、これはどうも609万円の誤植であるようだ。
それにしても、たったコントロールアンプ、つまりプレアンプであるが一台でこれだけの値段は高い。車で言えば高級車一台分だ。
しかもコントロールアンプだけであるから、これだけでは音は聴けずさらにパワーアンプと音楽再生機そしてスピーカーが必要だ。
車ならハンドルやギアに相当する部分であり、エンジンや車輪は含まれていない。
 
オーディオがブームであった1970から80年代に比べて、最近はオーディオ業界も下火で、それに伴い逆にハイエンドのオーディオ製品は高騰している。
この6090万円は明らかにミスプリントではあろうが、ひょっとすると意識的な駄洒落か座興ではないかと考えてみる。
「どうせお前たちには買えないだろうけど、こんな製品もあるんだよ」という一般人蔑視なのかと。
 
 

わがオーディオの老朽化に嘆く-その2

今度は何を嘆くかといえば、わが愛器、LINN LP 12 の回転数に狂いが出はじめたことである。
やむなく代理店に持っていったら、モーター関連を交換しないといけないということが判明した。
アナログプレーヤーにとっては、まさに心臓部の致命的疾患である。
修理代は軽く10万円を越してしまうとのことだ。
しかしLPレコードをLINN LP 12 で聞く音が最高だと思っている私にとっては、多額の出費でつらいことではあるが仕方がない。
 
LINN LP 12 がガレージに入っている間、 アナログ音がしばらく聞けないのでデジタルで我慢することになる。
しかしアメリカamazonに注文してあるSACDのディスクが届くまで少し時間がかかるので、デジタルの音楽ファイルを聞くことにした。
音としては少し低級になるが、それなりのオーディオシステムなら十分聞ける。
しかし、結局デジタルの音楽ファイルはだめだということになった。
もちろん e-Onkyo などでダウンロードしたものには、24bit/96kHzの音もあるので決して悪い音ではないのだが、それを再生して聞くためにはパソコンを利用しなければならない。
そこでどうしても困ってしまうのはパソコンのファンの音だ。
良い音楽を聞くにあたっては、どんな周りの雑音も禁忌である。
実際このところ寒い日が続くにもかかわらず、ファンの音が気になるのであえてエアコンなしでがまんして聞いているくらいである。
もちろん夏の暑い時に聞く場合も、エアコンはなしでうちわか扇子を使う。
(そんなことを言いながら、LPレコードの針のパチパチ音は気にならないのは不思議だが)
そこで何のメディアで聞くかということになると、結局手軽で昔から使い慣れたMDということになる。
ただMDはATRACによる非可逆圧縮ファイルなのでCDよりは音が劣る。
しかし、MDでもHi-MDならPCMによる非圧縮ファイルなので、CD並みの音を聞くことができる。
今はHi-MDも、もう在庫品しかないようで、デジタルオーディオに押されてMD自体の利用価値も低くなり市場からどんどん消えていく運命にあるようだが、私にとっては捨てがたいのである。もちろんポータブルで聞くのではその音質は劣るので、マッキンのアンプを通して聞けば納得の音になる。