MDの終焉 ご苦労さん

MD_01

「MD(ミニディスク)対応機器の生産を3月までに終了する。そしてすでに携帯音楽プレーヤーの「MDウォークマン」の生産を2011年9月に終了していたが、システムステレオの出荷も停止する。」

ソニーは1月末に上記のような発表をした。MD世代(本当はカセットテープ世代)の私としてはなんとも残念で寂しいことである。が、しかし来たるべき時が来たという他はない。もちろん現在の音楽ファイルのウォークマンの良さを否定するわけでは全くない。ただテープからMDに変わったときのインパクトはすごかった。それまで出来なかった楽曲の並べ替え、消去、分離やラベル付けなどの不可能だった操作が、簡単に出来るようになったからだ。中でもソニーのMDはMDエディターなるソフトを使うことで、パソコンとMDをつなげて楽曲の名前を簡単に記録することが出来た(写真B)。MDはCDと比べて音質のレベルは低いが、より小型で録音も可能なため人気を集めた(ただ不思議なことに外国ではほとんど流行しなかった)。しかしそのうちhiMDなるものが現れて、CD並みのハイレゾ音楽がMDでも聴けるようになった。しかし、本格的なホームオーディオのプレーヤーとまではなり得なく、またポータブルとしても中途半端であった。そして時代はファイル音楽になっていった。

カセットテープはもはや持っていないが、自分で録音したMDはCDと同じぐらい数はある。ポータブルMDとしてシャープの製品(写真A)を最近まで使用していたが、かなり痛んだ状態になってしまっている。しかしまだ現役でちゃんと聴くことが出来る。こうしてせっかく集めた楽曲であるから、それらをMP3などのオーディオファイルに変換して、携帯やパソコンでも聴けるようにしたい。やり方としてはMDから音楽をパソコンの音楽ソフトで録音し、それをファイル化することができるが、時間がかかる面倒なことである。そこで極めて優れたやり方がある。それはMD機器とパソコンをつなぎ、MDの音楽ファイル(ATRC)をXアプリなどのソフトでパソコンに移し、それをWAVファイルなどを介してMP3などのウォークマン用の圧縮ファイルに変換する。ただ、それが出来る機器はソニーのhiMDポータブルのMZ-RH1のみである(写真C)。

2,3年前にMZ-RH1と、デッキ型のオンキューhiMDであるMD133を購入してあったが(写真D)、MD133はファイル変換の機能はない。壊れたときのためと思って、これらの機器についてオークションやアマゾンで調べてみたら、購入したときは各々3万円程度だったが、何とプレミアがついてしまっていた。MZ-RH1は10万円ぐらい、そしてMD133に至っては20万円近くになってしまっている。MDの最後の抵抗か。今もっているものを大事に使用するしかない。

XPERIA Z, NEXUS 7,そして iPad

とうとうスマートフォンを使うことにした。しかしどうにも、スマホのかたちで電話はしにくいと考え、旧型の携帯とは別に新規で発売されたばかりの「Xperia ZS-02E」にした。確かにこれは携帯電話ではなく、携帯パソコンと言えるくらいの代物だ。

以前からiPadは主に仕事で使っていたが、もっと持ち運びに便利なものということで、実はNEXSUS 7を少し前に手に入れたばかりだったので、ためらったが時代に乗り遅れるような気がして、ついにスマホもということになった。

XPERIA Zはスマホとして初めてなので、他の機種と比べてどうかは分からないが、画像も音楽の音もそこそだと思う。その点Kindleなどの読みものについてはNEXSUS 7かiPadのほうが良い。携帯性を考えるとiPadは歩きながら使うには大きすぎる。なのでNEXSUS 7は色んな点でちょうど良いと考える。しかしスマホと違ってWiFi以外はテザリングが必要なのでちょっとマイナス点か。

今日はバレンタインデーなので職場で頂いたギリチョコを撮ってみたが、NEXSUS 7だけはカメラが正面だけにしかなく、さらにアプリも付いていないのでカメラ機能としては不十分だ。ま、それぞれ一長一短だが、いつの日か3DCGもこれらの携帯機器でも出来るようになったら面白そうだ。
2013021409550001.jpg

映画「英国王のスピーチ」と音楽

最近奥さんと映画『英国王のスピーチ』を観た。アカデミー賞など4冠 をもらっただけあって見ごたえがあり、特に奥さんの評価は高かった。私自身も満足したわけだが、少し気になったところがある。それは映画の中と終了後に流れた音楽についてである。
 この映画のテーマは吃音に悩むイギリス国王(現エリザベス女王の父)が、必死の努力で克服し、第二次大戦のドイツ空爆開始の直前に歴史的スピーチを成功させるという感動実話に基づいた内容である。
 そこで気になったのは何かというと、映画の要所で流れた音楽のほとんどはクラシックだったのだが、違和感を覚えたのがその選曲である。まずモーツアルトのフィガロの結婚序曲、ベートーベン交響曲第7番、それにピアノ協奏曲第5番「皇帝」、モーツアルトクラリネット協奏曲等々である。
 映画の中でドイツ軍行進は実写フィルムが使われるが、そこでは国歌ベートーベン交響曲第九「合唱」のメロディである。これは仕方がないとしても、映画の終盤はドイツ軍の空襲が始まろうとする緊迫した状況を表現しているのに、ベートーベンなどのドイツの作曲家の曲が選ばれているということである。なぜイギリスの作曲家の音楽が選ばれていないの?という単純で素朴な疑問を持ったのである。
 しかし奥さんの意見は違った。つまり良い音楽は世界普遍のものであるから、誰がどこの国籍だから良い悪いというのは問題ではない、むしろ問題とするのがおかしい、というのである。…なるほど、そう考えれば気にすることもないのだというふうに、結局この件に関しては今では私も気にしていないというところに落ち着いた。
 しかし、もう一言付け加えたいことがあるが、それは映画の終了後に流れた曲で、たとえばベートーベンピアノ協奏曲第五番の第二楽章とか、モーツアルトのクラリネット協奏曲第一楽章などはあまりにも有名できれいな曲であり、ただ良い曲を寄せ集めただけという感じがした。それにクラリネット協奏曲に至っては、導入部から曲が流れていよいよクラリネットの演奏が始まるぞ、というまさにそこで終わってしまうのである。何それ、という思いであった。

SACD(スーパーオーディオCD)はいい

SACD(スーパーオーディオCD)をはじめて買った。森 麻季さんのクラッシックボーカルで、モーツァルトのエクスルターテユビラーテを聞いてみた。
ディスクがマルチチャンネルだったのでまず5.1チャンネルで試してみた。DVDムービーを見るときに使うオンキョーのAVアンプでスピーカーはフロントがリンのサラでリアがセレッションというセッティングでやってみた。確かに臨場感はあったけど、はっきり言ってマルチチャンネルの良さはあまり感じなかった。クラッシックボーカルだからなのか結局2チャンネルで十分。
 次は音楽用のマッキンのアンプとインフィニティのスピーカーで聞いてみた。前回のブログでSACDがいいとかあまり信じないなどと書いたが撤回。正直に言ってSACDはいい。森麻季さんのすみきった声と高音域の延びがいい。それに普通のCDに比べてなんだかやわらかいというか丸い感じというか、どちらかといえばアナログの音のように感じた。
 それにしてもこの森麻季さんの声はほんとに透き通ってとてもいい感じ。キャサリンバトルのようにパンチというか艶のようなものはそれほどだが、見栄えもいいし一度コンサートに行ってみたい。この前に買ったCDがエレーヌグリモーとかキャサリンジェンキンスのアルバムだったし、最近はどうも知らぬうちにビジュアル系のディスクを集めているみたいだ。

スーパーオーディオCDって?

今朝、出勤時に車を運転しながらテレビで朝の番組を聞いていたら—運転中はテレビは見えない—小倉智昭の「特ダネ」で、究極のホームシアターと題して話をしていた。
確かに氏はオーディオのことは詳しいらしく、持っているスピーカーはB&Wの高級品だしアンプもマッキントッシュなどらしい。
話の内容は「220インチの大画面に、7.1のJBLのスピーカーを使った大音響システムはすごい!」というもので、「スーパーオーディオCD(SACD)で聞いたら、あまりに音が良すぎて、あたまの方からとか音が聞こえてきて臨場感にあふれ、聞いていたら寝られなくなってしまいまして」などと話していた。
しかしスーパーオーディオCDがすごいのと、7.1チャンネルの音のよさは、本来それぞれ別のことだと思うのだが…
7.1チャンネルで聞けば2チャンネルよりも臨場感はあるにきまっているし、しかしそれはスーパーオーディオCDの良さとは違うような気がする。
私のCDプレーヤーも一応スーパーオーディオCD対応になっているけれど、恥ずかしいことにまだスーパーオーディオCDを買って聞いたことがないのである。
確かに普通のCDを聞いていても、以前使っていたCDプレーヤーとはずいぶん違うなあという印象はあった。
けれど私自身はアナログレコードの音楽を リンの LP12 で聴く音が一番いいと思っている人間なので、どんなにスーパーオーディオCDがいいといわれてもあんまり信じない。
「スーパーオーディオCDは人間の聞ける周波数を超える範囲の音まで再生できる」などと言われてもいったいそれ何の意味があるの?と言いたくなる。
それにレコーディングは結局録音-マスタリング次第でずいぶん変わってくるし、何よりも音を聞く側の感性でも大きく違ってくるのだ。
 
 

暗くしてミュージック

カートリッジが壊れた愛器 LINN LP 12 がやっと修理から帰ってきました。
店長さんに何とかお願いして、Linnの純正であるAsakaというカートリッジをつけてもらうことができ、ほっとしています、
久しぶりのアナログの音をたっぷり楽しむことができました。
しかし、不幸なことは突然起こるものです。
LINNの修理期間中に古いDENONのCDプレーヤーがついに音飛びしはじめピックアップが壊れてしまいました。
修理が長くかかったので、その間に新たにCDプレーヤーを購入しなければならなくなりました。
 
ところでコンサートとは違って家で音楽を聴く場合はどうやって聴いたらいいのか?
目をつむるのもいいけど、ぼんやりでもいいから何か眺める対象があったほうがいいです。
しかし部屋はあまり明るくせず薄暗いほうが音楽に集中できます。
ただオーディオの機器はどこか光を放っています。それはどうしても視界にはいるので、できれば感じのいいきれいな色の光がいいです。
 
そこでCDプレーヤーは暗くして聞く場合に、いい光を放つプレーヤーであることがプレーヤーの質の次に大事なことになります。
結局マランツのSA15S1にしました。もちろん音もいいですが、このパネルがわずかですが結構いい光を放ちます。
アンプのマッキントッシュの青い光と丁度よく合います。
 
LINNのカートリッジ一個で、Cinema4DのMographモジュールが簡単に買えるくらいなのに、あとまわしになってしまいました。

我がオーディオ機の老朽化になげく

とても気に入っていたアナログレコードプレーヤーの針が悪くなったので、交換したいと思っていたら難しいことがわかりがっかりしています。
プレーヤーはLINN LP12 というかなり前のものですが、ターンテーブル本体はOKなので、針だけの交換をしたかったのですがLINNはそういうことはせず、アームごと交換しなければならないようです。しかし値段が高すぎます。アームと針なしで本体は40万円近い し、アームも一番安いもので18万円ぐらいします。アナログレコードがいっぱいあるのでこれからも聴き続けたいのですが、こんなに高価では考えてしまいます。行きつけのオーディオショップの店長に聞いたら、他社のヘッドに変えてみたら、ということなのでそうしようと考えています。それにしてもLINNという会社は何を考えているのだろうと思います。
アンプはマッキントッシュでこれも古いですが、いまだ健在で合わせて540ワットの出力で余裕です。ただ最近青いパネルの右のチャンネルの針が電源を入れて30分間ぐらいしないと振れません。これも老朽化でしょうか。でもパネルのあの魅力的な青い光は衰えておらずこれはまだまだ大丈夫そうです。