Cinema 4D と Houdini Engine

しばらく前からCinema 4D に Houdini Engine というパイプラインがあり、単純にプラグインとは異なる、Houdini の様々な機能を、 Cinema 4D のプログラム内で使えるというものです。最近ちょっと使い始めたので、動画にしてみました。

サイト

houdini

Adobe Fuseと Cinema 4D

Mixamoというソフトは2015年9月ごろからAdobe Fuseとなり、Adobe CCのメンバーであれば使えます。前回はAutodeskのCharacter Generatorでキャラクタを作成し、Maya, Motion Builderでアニメーションにするやり方を示しましたが、今回はAdobe Fuse(Mixamo)で作ったキャラクタをFBXのモーション付きでcinema 4Dを使ってアニメートする方法です。MayaではFBXのリグをHIKでコントロールできますが、Cinema 4D でもできるかもしれません。

動画サイト

mixamo1

 

AutodeskのCharacter Generatorでキャラクタ作成

少し前からAutodeskのMaya Entertainment Creation Suite Standardを使っていますが、いつもならMayaはその年の4月ごろになると新しいバージョンになるはずが、今年は2016年版のままです。そのかわりExtension2となってMASHなどの機能が追加されています。またAutodeskには他のソフトとして、Character Generatorがあり、無料版でも結構なキャラクターが作れます。さらに良いのはジョイントも含まれているのでHIKとしてそのまま作れます。そこでモーションキャプチャーを使ってアニメーションができますが、Motion Builderで簡単に移すことができます。キャラクタ作成からアニメーション作成まで実に短時間で作ることができます。その行程のチュートリアル動画は以下にあります。

サイト

charGener_01

ZBrush 4R7 とKeyShot

ずいぶん待たされましたが、ZBrush4R7 がやっとオープンになりました(2015年1月30日)。

そこでかねてから興味があったKeyShotがプラグインとして使えるということなので、ダウンロードしようと思いましたがネットが繋がらずあきらめました。そのうち通じるようになると思いますが、とりあえずKeyShot HD ver.5のデモ版を使ってみました。でもこれはプラグインとしてではなく、別のプログラムとしてのものですので、ZBrush内からoneクリックで開くものではありません。ともかくKeyShot本体、KeyShot for ZBrush、それにZBrush to KeyShot Bridge (ZBridge)の3種類あって、プラグインは最後のZBridgeです。ZBrush内でスムーズにやりとりするには、後のふたつが必要のようです。そして今なら200ドルちょっととお値打ちだそうです。

ZBrush4R7のインストールとKeyShotのデモ版をはじめて使ってみた動画を、チュートリアルとしてホームページに載せました。

thumb_01

謹賀新年 2015

去年は実に久しぶりに奥さんとハワイに旅行したので、羊の年賀状を作りました。

ことしもよろしくお願いします。

2015Card_4

Cinema 4D Xparticles

Cinema4Dのパーティクル(TP)はXpressoがややこしいし、なかなかうまくできないので、プラグインのX-Particles(V.2.59)を購入した。
チュートリアルのビデオもたくさんあるし、まずは簡単なパーティクルからやってみると結構楽しい。
ちょっと難しいことは分かっているけど、パーティクルの面白さの一つは液体シミュレーションと思うので、早速やってみた。
パラメーターがたくさんあるので、難しそうだがとりあえず2種類の設定でやってみた。

動画

thumb_02